お歳暮 マナー

お歳暮のマナー

お歳暮のマナーについて

お歳暮は、日頃お世話になっている人に1年間の感謝の気持ちを込めて送ります。本来ならば持参するのが良いのですが、最近では販売店やインターネットショップから直送する人も多くなってきました。12月上旬から20日頃に相手に届くようにするのが一般的です。直送する場合には挨拶状を同封するか、お歳暮が届くより先に挨拶状を送っておくと良いでしょう。

 

「のし」の書き方ですが、上段に「お歳暮」「御歳暮」と書き、下段には苗字またはフルネームを書きます。「のし」のかけ方には「内のし」と「外のし」があります。「内のし」はのし紙をかけてから包装するので、外から見るとのし紙が見えません。贈り物であることをあまり強調したくない時に向いています。「外のし」は包装した上にのし紙をかけるので、一目で贈り物であることがわかります。最近は環境への配慮から、箱に印刷してあったり、短冊だけで済ませたりと簡易包装のものも増えてきました。

 

お歳暮は「お祝い」ではないので、相手が喪中の場合も送って構いません。ただ、四十九日を過ぎていなかったりご不幸があって間もない場合は、送る時期をずらして「寒中御見舞」「寒中御伺」とすると良いでしょう。

 

お歳暮をもらった場合にお返しは必要ありませんが、お礼状は出すのがマナーです。


ホーム RSS購読 サイトマップ