お歳暮 送り状 お礼状

お歳暮の送り状とお礼状

お歳暮の送り状とお礼状のルールについて

お歳暮は本来は持参して手渡しするものでしたが、最近は販売店などから直送することが多くなってきました。その場合、いきなり品物が届いたのでは贈られた側もびっくりしてしまいますね。事前に挨拶状を送っておくと良いでしょう。挨拶状には日頃の感謝の気持ちを書きます。生鮮品を贈る場合はいつ何を送るということを書いておくと、贈られた側も都合をつけやすく親切でしょう。

 

贈る相手が目上の人やビジネス上の関係であれば、定型文に沿った改まった文章で書きます。相手が親しい間柄であれば、定型文にとらわれず自由な文章で構いません。お歳暮は季節の贈り物ですから、時候の挨拶は入れた方が良いでしょう。

 

お歳暮を頂いた場合はお返しは必要ありませんが、お礼状は必ず出しましょう。親しい間柄の場合は電話でも構いませんが、お礼状を出すのが正式なマナーです。お歳暮を頂いたら、なるべく早いうちにお礼状を出しましょう。お礼状には、お歳暮を頂いた感謝の気持ちを書きます。夫宛のお歳暮に妻が代理でお礼状を書いても構いませんが、その場合は夫の名前の横に「内」と併記します。


ホーム RSS購読 サイトマップ