お歳暮とは

お歳暮とは

お歳暮とは?について

お歳暮とは、もともとは年末を表す言葉でした。年末に、お世話になった人に贈り物を持参して回る習慣を歳暮回りというようになり、やがて贈り物そのものや贈り物の習慣をお歳暮と呼ぶようになりました。

 

「歳暮」は12月の季語でもあります。また人生の老年期も意味します。お歳暮はお世話になった人に1年間の感謝の気持ちを込めて贈るものですが、最近では親愛の情を込めて友人や知人や親族に贈る人も増えてきたようです。

 

お歳暮を贈る時期は12月上旬から20日頃ですが、少し早まっている傾向にあります。関東では11月末から送る人もいるようです。

 

お歳暮の時期を過ぎてしまった場合には「のし」の表書きを変えます。12月20日過ぎから年内の場合は「寒中御見舞」「寒中御伺」など、1月1日から7日までの松の内は「お年賀」、それ以降から2月7日の立春頃までは「寒中御見舞」「寒中御伺」などとします。

 

お歳暮に対して、初夏に贈るのはお中元です。2つまとめて盆歳暮とも呼ばれます。


ホーム RSS購読 サイトマップ